犬アトピー/アレルギーの救世主!アポキル錠!
花粉シーズンに必須!人気急上昇の非ステロイド
痒みのシグナルを止める画期的なお薬です!

【期間限定】送料無料でご案内
犬のアトピー対策/治療薬ならアポキル錠!

《価格比較表》 参考価格 案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~

アポキル錠は新しいお薬という点と優れた有効成分を含んでいるため、 動物病院での購入の場合は、非常に高額なケースが多いのが実情です。 海外からアポキル錠を個人輸入の場合は、前者の場合よりもお安く購入が可能です。ご検討中の方は是非、御参考下さいませ。

お風呂」カテゴリーアーカイブ

犬のアトピーに酵素風呂が良い理由

犬の皮膚疾患の中でも、多くみられる症状が「アトピー性皮膚炎」です。
人間の「アトピー性皮膚炎」と同じで、「アレルゲン」に過剰に反応してしまい「アレルギー」となります。

外から入ってきた異物を排除して、身体を守るのが「免疫機能」です。
この「ダニ」や「カビ」などの異物や侵入物を指す「アレルゲン」に対しての「免疫機能」が、過剰に反応してしまって本来なら反応しないものにまで過剰に反応してしまうことを、「アレルギー」というのです。

「アレルギー」の一種である「アトピー性皮膚炎」は、「アレルゲン」に対する身体の免疫の過剰反応であり、遺伝的なものと皮膚のバリア機能がなくなってしまうという2つが特徴的です。

犬のアトピーと、腸内環境

人間と同じで、犬も「腸内環境」が乱れると「アレルゲン」の侵入を許してしまい「アレルギー」のおこる原因となります。
腸の中にある、「腸内細菌」の働きは非常に重要です。

アトピーを発症するとかゆみによって、体内では多くの「活性酸素」が発生します。
そして、「腸内細菌」を減滅させてしまうのです。
その他にも細胞を傷つけたり、自律神経に必要な「ミネラル」のバランスも崩します。

「ミネラル」は、「腸内細菌」が産生した成分を各細胞に運んだり、不要な成分は外へ出すという身体を維持していく上で、とても大事です。

アトピーになって時間の経過と共に、症状がどんどん悪化してしまうのは、腸内細菌やミネラルが減少していくからです。

犬の体内に、酵素を摂り入れると?

酵素は、生命活動の源と言われています。
細菌のような単純な構造で出来ている生命体でも、ウイルスから身体を酵素が働いていると言われています。
「アトピー性皮膚炎」は、体内に「酵素」を取り入れると、かなり改善することが期待できます。
なぜなら「酵素」の働きは、血圧や神経など、身体の恒常性の維持に役立ちます。
そして「免疫力」や「自然治癒力」を、正常に保ちます。
細胞の再生や修復も行いますし、神経系やホルモン系のバランス調節もします。
「酵素」の働きは、素晴らしいのです。

体内の「酵素」が不足すると、身体の色々な機能が低下してしまい免疫システムにも異常が生じるのはこのためです。

「アトピー性皮膚炎」を治療するためには、「酵素」をしっかりと体内に届けなくてはいけません。
「酵素」を体内に届けて、「腸内環境」を整えるのです。

犬と一緒に酵素風呂へ

最近では、犬と一緒に泊まれる旅館やホテルがたくさんあります。
そして中には、犬と一緒に入れる「酵素風呂」がある所もあります。

怖がってしまって「酵素風呂」に入っていられない犬もいるようですが、身体に悪い箇所のある犬は、大人しく気持ち良さそうに「酵素風呂」に入っているそうです。

「酵素風呂」の効果が出て、愛犬との楽しい旅行の思い出になると一石二鳥ですよね!

【 おススメ! 話題のトピックス!】

お薬の副作用が気になる方にオススメ

お薬が苦手なワンちゃんや、 副作用が出やすい体質のワンちゃんには、 無添加・天然温泉成分の ペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」がおススメです。

AVANCE(アヴァンス)

「AVANCE(アヴァンス)」は各種ペット雑誌でも多く特集されている為、ご存知の方も多いかと思いますが、動物病院でも使用されており、多くの獣医師が利用の推奨をしている実力・人気共に高評価のペット用化粧水です。

【期間限定】送料無料でご案内
犬のアトピー対策/治療薬 アポキル錠

《価格比較表》 参考価格 ご案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~

アトピーの犬にドライヤーは大丈夫?

アトピー性皮膚炎にかかった時、皮膚のコンディションを保つために、お薬と併用してシャンプーをする方が多いと思います。

その時、シャンプーのやり方ばかりに気を取られて、犬の毛を乾かす事をおろそかになったりしていませんか?
犬の毛が濡れたままだと、皮膚も濡れたままになり、コンディションを保つどころか悪化させてしまう場合もあります。
また、赤くなっている皮膚にドライヤーをかけることも不安ですよね。

今回は、犬のアトピー性皮膚炎の治療の一環として行われるシャンプーの仕方についてお話します。
ドライヤーをうまく使用する事で、皮膚のコンディションを保つことの手助けができますよ。

犬アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎はとても多い皮膚病で、犬全体の10%はアトピー性皮膚炎があるとまで言われています。

アトピー性皮膚炎とはどのように発症してしまうのでしょうか。
主な原因は3つです。

1、皮膚が本来持っている外部刺激から身を守るバリア機能が低下する
2、アレルギーの原因となるアレルゲンが皮膚や呼吸を通じて体内に入る
3、アレルゲンに対する反応が遺伝的に過剰反応を示してしまう

皮膚のバリア機能が低下すると、水分蒸発が進んでしまい、皮膚がカサカサに乾いてしまいます。
そうすると、外部の異物の侵入を妨げる機能も働かず、どんどん体の中に入って行ってしまいます。
そのため、皮膚に炎症を起こしてアトピー性皮膚炎になってしまいます。

アレルギーが原因となる場合もあり、そのアレルゲンは犬によって様々です。
特に多い物として、ハウスダスト,花粉,ダニ,真菌,化学薬品などがあげられます。
こちらもアレルゲンに過剰に反応するために、アトピー性皮膚炎をおこします。

また、アレルゲンに対する反応が過剰な犬種がいます。
遺伝的にIgE抗体が作られやすい犬種で、よく知られているものとしてウェスト・ハイランド・ホワイトテリア、ゴールデン・レトリバー、ボストン・テリア、ミニチュア・シュナウザー、パグ、ケアーン・テリア、ブルドッグ、イングリッシュ・セター、アイリッシュ・セター、ラサアプソ、などです。

犬アトピー性皮膚炎の治療

犬アトピー性皮膚炎の治療として行われるのは、
1、皮膚のバリア機能の回復
2、アレルゲンの除去
この2つが主になってきます。

皮膚のバリア機能の回復には、原因を追究しながら薬を使用します。
しかし、薬だけでも限界がありますし、個体によって効果が出るまでの期間が長い場合があります。

そこで重要になってくるのが、皮膚のバリア機能の回復を促し、アレルゲンの除去も行ってくれる「シャンプー」なのです。

犬アトピー性皮膚炎の治療としてのシャンプー

犬アトピー性皮膚炎の治療としてのシャンプーは、通常の汚れを落とすシャンプーとは異なります。

通常のシャンプーよりも注意して欲しい点は4つです。

1、お湯の温度
暑すぎるお湯の温度は、余計にかゆみが増してしまいます。
人間でも体が温まるとかゆみが増すように、犬でも同じようにかゆみがでてしまいます。

せっかくシャンプーを行うのに、かゆみが出てしまっては意味がありませんので、ぬるいと感じる程度の温度で十分です。

2、ドライヤーの使用はできるだけ控える
出来ればドライヤーは使用せず、タオルドライをしっかりしてあげてください。

それは、ドライヤーの熱を当ててしまうと、かゆみが増してしまったり、炎症を起こしている部分では痛みも出てきてしまいます。
毛が密集してなかなか乾きにくい犬種に関しては、熱風ではなく、冷風をうまく使って乾かしてください。

早く乾くように、最初から毛を短くするのも手かもしれません。

3、シャンプーの使い方
通常のシャンプーは泡立てて、すぐ流すと思いますが、アトピー性皮膚炎で処方されたシャンプーはあまり泡立ちません。
泡立たないからと言って、効果が薄いわけではありませんので、無理に量を多くしないようにしましょう。

そして、薬剤が皮膚に浸透するように10分ほど流さずそのままにしておく必要があります。

いかがでしたか?
犬アトピー性皮膚炎では、シャンプーをして皮膚のコンディションを保つ事が重要ですが、シャンプーの仕方にもコツがあることが分かって頂けましたでしょうか。

シャンプーをした後は、しっかりとタオルドライを行って、皮膚を刺激してしまうドライヤーをできるだけ使わなくても済むようにしましょうね。

【 おススメ! 話題のトピックス!】

お薬の副作用が気になる方にオススメ

お薬が苦手なワンちゃんや、 副作用が出やすい体質のワンちゃんには、 無添加・天然温泉成分の ペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」がおススメです。

AVANCE(アヴァンス)

「AVANCE(アヴァンス)」は各種ペット雑誌でも多く特集されている為、ご存知の方も多いかと思いますが、動物病院でも使用されており、多くの獣医師が利用の推奨をしている実力・人気共に高評価のペット用化粧水です。

【期間限定】送料無料でご案内
犬のアトピー対策/治療薬 アポキル錠

《価格比較表》 参考価格 ご案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~

犬のアトピーにお風呂 – 入浴剤でおススメは?

犬がアトピー性皮膚炎と診断された場合、お風呂に入ったりシャンプーをして、皮膚のコンディションを保つことは重要です。

では、犬アトピーになった時、シャンプーをする際にお風呂の入浴剤は必要なのでしょうか。

今回は、犬アトピー性皮膚炎の原因やお風呂の入れ方、入浴剤の有無についてお伝えします。

犬のアトピー性皮膚炎とは

犬のアトピー性皮膚炎とは、人間のアトピー性皮膚炎と似ています。

その原因は主に3つあります。
1、皮膚が本来持っている外部刺激から身を守るバリア機能が低下
2、アレルギーの原因となるアレルゲンが皮膚や呼吸を通じて体内に入る
3、アレルゲンに対する反応が遺伝的に異常に反応してしまう=アレルギー体質

この3つが重なって、犬のアトピー性皮膚炎となってしまいます。

通常通り抵抗力があり、アレルゲンに対する反応も一般的であれば、アトピー性皮膚炎にかかる事はありません。

3つのうち、どれかが防げればアトピー性皮膚炎にかかる事もありません。

しかし、抵抗力が落ちている幼犬や老犬,アレルゲンに対する反応が遺伝的に異常な反応を示しやすいウェスト・ハイランド・ホワイトテリア、ゴールデンレトリバー、ボストンテリア、ミニチュア・シュナウザー、パグ、ケアーン・テリア、ブルドッグ、イングリッシュ・セター、アイリッシュ・セター、ラサアプソが特にかかりやすい病気です。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎はどのように治療するのでしょうか。

基本的にはステロイドなどの投薬をしながら、原因となるアレルゲンを取り除き、皮膚のコンディションを清潔に保って皮膚のバリア機能の回復を促し、アレルギー体質の改善を狙うことが必要です。

また、アトピー性皮膚炎にかかってしまうと、皮膚のバリア機能が低下してしまい、通常の皮膚状態ならかからないようなカビ・ダニの温床になってしまい、さらに症状がひどくなる場合もあります。

その際は、アトピー性皮膚炎の原因の治療と同時に、カビ・ダニの駆除も一緒に行っていきましょう。
カビ・ダニによる皮膚炎ならば、動物病院で皮膚を少しこすり取って顕微鏡で見ることによって判断できる場合がありますので、アトピー性皮膚炎の治療とともに治していきましょう。

皮膚のコンディションを保つためには、リノール酸・リノレン酸・エイコサペンタエン酸などの脂肪酸を摂取したり、皮膚や被毛にまとわりついたアレルゲンを物理的に流すシャンプーも必要です。

皮膚が乾燥してかゆみが悪化してしまう場合は、保湿剤も忘れずにしてください。

アトピー性皮膚炎のシャンプー・お風呂

アトピー性皮膚炎と診断された場合、シャンプーはどれくらいの頻度で行えばいいのでしょうか。
身体についたアレルゲンを除去するという意味では、毎日行ってもいいと思われます。

しかし、毎日シャンプーで洗うという事は、皮膚をバリアしてくれる皮脂までも過剰に落としてしまう事になりかねません。
皮脂は2,3日で元の状態に戻ると言われているため、リンス作用のないシャンプーはこれ以上頻繁にシャンプーをしない方がよいでしょう。

アトピー性皮膚炎のシャンプーは、「刺激が少ない」ことと、「保湿を重視」したものを選ぶ必要があります。
界面活性剤やせっけん成分が入っているシャンプーは刺激が強いので、皮膚が弱っているアトピー性皮膚炎の犬には使用しない方がよいでしょう。

もし、二次的な感染性皮膚炎を起こしている場合は、殺菌性シャンプーを使用した後にアトピー性皮膚炎用のシャンプーを使用してください。

シャンプーの後は、必ずコンディショナーを使用して、皮膚の保湿を心がけましょう。

アトピー性皮膚炎の入浴剤

アトピー性皮膚炎にシャンプーが有効だということはお伝えしました。
では、アトピー性皮膚炎に有効な入浴剤はあるのでしょうか。

一般的に民間療法として言われている入浴剤での治療法が2つありましたので以下にまとめます。

1、温泉成分の入浴剤
温泉は血流が良くなって体が温まり、代謝能力がアップします。
代謝がアップすれば、体内に入り込んでしまった有害物質を排泄する力が強まります。
アレルゲンを外に出そうとする力が働くのですね。
また、弱酸性の温泉成分を使用することで、殺菌効果が望めるため、カビ・ダニなどの感染症を防ぎます。

2、にんにくを入れる入浴剤
にんにくに含まれる「アリシン」で皮膚を殺菌します。
にんにくを1かけら柔らかく煮て、そのままストッキングなどに入れて、お風呂のお湯の中に入れてつぶす。
お風呂の中でしっかり濡らしたら、お湯で洗い流さずそのままタオルで水分を押しとります。
乾かす時にドライヤーを使用すると、にんにくの成分がすぐ揮発してしまうので、使用しません。
ドライヤーをしないことは皮膚が弱い犬でも大丈夫だそうです。

この2つが民間療法として行われているようです。
動物病院で処方された薬やシャンプーが全く効かずどうすることもできなかった場合に試してみるのもいいかもしれません。
間違っても人間の入浴剤が入ったお風呂にそのまま入れるようなことはしないでください。
人間の皮膚と犬の皮膚は違うものですので、人間用は刺激が強すぎます。

しかし、犬のアトピー性皮膚炎の治療で、
1、ステロイドなどの投薬をする
2、原因となるアレルゲンを取り除き、皮膚のコンディションを清潔に保って皮膚のバリア機能の回復を促す
3、アレルギー体質の改善を狙う
4、細菌性やダニなどの二次感染があれば同時に治療する
上記がとても大事になってきます。

動物病院で、アトピー性皮膚炎の原因をしっかりと判断してもらって、あなたの愛犬に一番良い方法で治療にあたってくださいね。

【 おススメ! 話題のトピックス!】

お薬の副作用が気になる方にオススメ

お薬が苦手なワンちゃんや、 副作用が出やすい体質のワンちゃんには、 無添加・天然温泉成分の ペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」がおススメです。

AVANCE(アヴァンス)

「AVANCE(アヴァンス)」は各種ペット雑誌でも多く特集されている為、ご存知の方も多いかと思いますが、動物病院でも使用されており、多くの獣医師が利用の推奨をしている実力・人気共に高評価のペット用化粧水です。

【期間限定】送料無料でご案内
犬のアトピー対策/治療薬 アポキル錠

《価格比較表》 参考価格 ご案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~